第61回 邦訳が出ている本の読み方

一行翻訳コンテスト2012.08.16

■オススメの一冊

『What Money Can’t Buy』
(Michael J. Sandel)

What Money Can't Buy

では今月の1冊目。もう翻訳が出てしまっていますが、Michael J. Sandelの「What Money Can’t Buy」を取り上げます。邦題は『それをお金で買いますか――市場主義の限界』です。もちろん邦訳で読んでもぜんぜんOKですが、英語で読むのも一興。

よく翻訳と原文を比較して、誤訳だとかいろいろ指摘しているサイトとかもありますが、僕はどうかなと思うことがあります(学校とかこういうオンライン講座はまた別。そういうものですから)。特に、昭和30年代とか40年代に訳された作品の場合、辞書も揃ってなくて、インターネットもない状態で、それでも手探りで訳したものも多いわけで、そういう作品の誤訳とか情報不足を指摘しても仕方ないと思うんですね。あと、このコースとかやっている方ならよく分かると思うんですが、締切ってタイトなものなので。趣味の翻訳と仕事の一つの大きな違いは納期の有無だと思うんです。決まった時間、定められた量、さらに翻訳という作業は、翻訳者だけでなく、編集者、校正者、印刷所などが関わっています。初版から完璧なものができることもなかなかありません(最も完璧なものに仕上げようとするのがプロですが)。

ですから、邦訳が出ている本を使って勉強する場合は、訳文を批判的に読むことも勉強にはなりますが、むしろ自分で訳してみて、それがその本の訳者とどう違うのか、自分の弱いところはどこかといったかたちで勉強していくと良いと思います。それから昔の翻訳者は、確かに情報面ではハンデもありましたが、その分、日本語の表現力の面では僕たちよりもはるかに上でした。その意味で昔の翻訳は表現の宝庫ともいえます。

閑話休題。サンデル教授のこの本は、市場というものを哲学的な視点から冷徹に見つめた本です。今の僕たちの苦しいところは、きちんとした思考訓練(ディベートや客観的な議論を含む)を受けていないこと。官僚から政治家、学者、経済団体のトップまで、全体を見ずに、部分だけを考えて発言し、行動するから何も進まないし、守りに入るのだと思います。説得の技法とかも身につけなければいけないのですが、それもない。むしろ願望と感情で物事に向き合うから、議論がかみあうことすらない。サンデル教授の本やヴィトゲンシュタインの論理哲学論考などを読むと(全部分かるわけではないですよう)いろいろ考えることができて面白いと思います。イントロの部分はけっこう紹介されているので、ここでは第1章の冒頭を。

Jumping the Queue

Nobody likes to wait in line. Sometimes you can pay to jump the queue. It’s long been known that, in fancy restaurants, a handsome tip to the maitre d’ can shorten the wait on a busy night. Such tips are quasi bribes and handled discreetly. No sign in the window announces immediate seating for anyone willing to slip the host a fifty-dollar bill. But in recent years, selling the right to cut in line has come out of the shadows and become a familiar practice.

Fast Track

Long lines at airport security checkpoints make air travel an ordeal. But not everyone has to wait in the serpentine queues. Those who buy first-class or business-class tickets can use priority lanes that take them to the front of the line for screening. British Airways calls it Fast Track, a service that also lets high-paying passengers jump the queue at passport and immigration control.

英語自体は読みやすいですが、冒頭からいろいろ考えることが要求されます。そして本を読むことは目的ではありません。それは翻訳を学んだり、思考したり、行動の基準にしたりする、いわば手段なんですね。そういったことを含めて、いろいろな使い方のできる本だと思うので、ぜひ読んでみてください。読みやすいです。

■オススメの一冊-2

『How to Wash a Cat』
(Rebecca M. Hale)

How to Wash a Cat

こちらは新シリーズのコジー・ミステリーで、Rebecca M. Haleの「How to Wash a Cat」。話としては、おじさんの骨董店を相続した主人公が、2匹の猫、ルパートとイザベラと共に、この店に隠された秘密を探っていくという話で、鍵とか隠し扉とか謎の地図とか、まあそういったガジェットも楽しいんですけれども、やはり冒頭から表現のうまさでそのまま持って行かれる感じ。

I followed a trail of paw prints, clumped up litter, and splattered flecks of soap up the stairs and down the hall to my bedroom Sticky wet spots covered the floors, the walls, a rolltop desk, a wicker laundry basket, and a half dozen scattered books. A miserable wet lump of fur huddled in the middle of my bed.

“This is for your own good,” I said, stealthily creeping toward him as I clutched the corners of a large beach towel. The lump glared back at me incredulously. “We’re almost done. We can’t turn back now,” I argued, slowly moving closer to the corner of the bed. The lump continued to stare at me suspiciously.

I glanced down at my arms and legs, grimly surveying the map of fresh scratches. Sighing, I gripped the towel and moved into position. The quivering lump dug his claws into the bedspread, anticipating my next move.

I lunged forward, the towel unfolding as my arms spread wide. My target tried to jump out of the way, but the billowing beach towel swallowed him whole. I felt a twinge of guilt as the sheet came down over his disappointed face; then I carried my struggling wet fugitive back downstairs to the kitchen sink.

この活き活きとした描写ですっかり物語に没入してしまいます。でも訳すのは難しそうです……。

ページ: 1 2 3 4 5