第63回 翻訳の際の取捨選択 ディテールをどこまで訳す?

一行翻訳コンテスト2012.10.16

■オススメの一冊

『Free: How Today’s Smartest Businesses Profit by Giving Something for Nothing』
(Chris Anderson)

Chris Andersonの「Free: How Today’s Smartest Businesses Profit by Giving Something for Nothing」。さてこの本は既に翻訳が出ています。『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(クリス・アンダーソン(著)、小林弘人 (監修)、高橋則明 (翻訳);日本放送出版協会)。経済とかまあその手の本で、宣伝文句は

「世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル」
「〈フリーミアム〉という新しいビジネスモデルを提唱し、ビット世界の無料経済に正面から取り組んだニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」

とのこと。さてこの本の冒頭は次のように始まります。

In November 2008, the surviving members of the original Monty Python team, stunned by the extent of digital piracy of their videos, issued a very stern announcement on YouTube.

For 3 years you YouTubers have been ripping us off, taking tens of thousands of our videos and putting them on YouTube. Now the tables are turned. It’s time for us to take matters into our own hands.
We know who you are, we know where you live and we could come after you in ways too horrible to tell. But being the extraordinarily nice chaps we are, we’ve figured a better way to get our own back: We’ve launched our own Monty Python channel on YouTube.
No more of those crap quality videos you’ve been posting. We’re giving you the real thing — high quality videos delivered straight from our vault. What’s more we’re taking our most viewed clips and uploading brand new high quality versions. And what’s even more, we’re letting you see absolutely everything for free. So there!
But we want something in return.
None of your driveling, mindless comments. Instead, we want you to click on the links, buy our movies and TV shows and soften our pain and disgust at being ripped off all these years.

Three months later, the results of this rash experiment with Free were in. Monty Python’s DVDs had climbed to No. 2 on Amazon’s Movies and TV best-sellers list, with increased sales of 23,000 percent.

実にうまい書き出しです。さて、今回書いてみたいと思うのは、「誰のために訳すか」ということです。この本の場合、たまたまモンティ・パイソンを例に引いていますが、モンティ・パイソンの解説書でもなければ、マニア向けでもない。あくまで「フリー」というコンセプトについての本です。たとえば、上の文章で言えば、読者の中にはMonty Pythonという言葉自体を知らない人も少なからずいると思います。ですから訳者は、「伝説のコメディーユニット、モンティ・パイソン」と言葉を補っています。ところで、モンティ・パイソンのメンバーが書いた文章の部分は、実はモンティ・パイソンのマニアであれば、思わず「くすっ」となるような表現などがいろいろと埋め込まれているわけです。たとえば「rip off」とか。いや、そもそもこの声明文そのものがまさにMonty Python的なものとなっているんですね。

問題は翻訳をするときにそういった情報が必要なのかどうかということです。逆に英訳をする場合を考えてみましょう。ある現代小説を訳している時に、「二人はもらいものの八ッ橋を食べながら、夜遅くまで話をしていた。」とあったとします。この場合、もちろんプロット上どうしても必要な場合は別ですが、この八ッ橋が別にモロゾフのクッキーだろうが、虎屋の羊羹だろうが何でも構わない場合に、”They had Yatsuhashi, a representaive Kyoto souvenir item… “みたいに訳す必要があるかどうかということですね。かえって邪魔になるだけかも知れません。つまり、翻訳というのはただ文章を縦から横、横から縦にするだけではなく、その過程で必要に応じて取捨選択、追加削除が行われるものだということが大切だと思うわけです。ですから、「フリー」の訳者は、モンティ・パイソン的な表現のディテールをムリして訳出することは考えず、あくまで分かりやすい文章として、ターゲット読者層に合わせた平易な訳文を提示したのだと思います。でもこれがモンティ・パイソンの本であれば、アプローチはまた異なったものとなります。その場合には、パイソニアン的な用語を全部拾って、たとえば映像版のセリフと合わせたりということが必要になったりするわけです。勉強になったかなー?

■オススメの一冊-2

『Mr. Monk on Patrol』
(Lee Goldberg)

では今月の2冊目。こちらは、TV Tie-in的なミステリー、名探偵モンクのスピンアウト小説です。既に10冊以上出ている中からたまたま書店でピックアップしたのがLee Goldbergによる「Mr. Monk on Patrol」。ニュージャージー州サミットでモンクの旧友が警察署長を務めている最中に、市長が逮捕されてしまい、市長代行をするはめに。ただでさえ、てんてこまいのところに、強盗事件が多発。仕方なく、モンクを呼んで解決を図りますが、今度は放火、殺人と事件がエスカレートしていきます。さてモンクはこの難題を解決して旧友を窮地から救い出すことができるでしょうか? というのがストーリー。文章はこんな感じ。

The Victorian house at the corner of Cole and Hayes streets was listed for sale at two million dollars, which was a fair price considering it was newly remodeled, immaculately maintained, and only a short walk from the University of San Francisco, Golden Gate Park, and Haight-Ashbury. However, it was going to sell for a lot less than the asking price, if it ever sold at all. I wasn’t a real estate expert, like the dead woman on the entry hall floor, but I knew that murder always brought down property values.
The dead Realtor’s name was Rebecca Baylin. She was twenty-seven years old, shirtless, and her head was caved in. Ordinarily, Adrian Monk wouldn’t be able to look at a topless woman, but there he was, framing the scene between his hands and tipping his head from side to side to examine her from different angles.

よかったら読んでみてください(あとレンタル・ヴィデオも)。では今月の講評から。

ページ: 1 2 3 4 5