第67回 ハワイ好きにはたまらない小説をご紹介

一行翻訳コンテスト2013.02.16

■オススメの一冊

『Micro』
(Michael Crichton & Richard Preston)

Micro

今月は、小説系を2冊ご紹介。まず1冊目はMichael Crichton & Richard Prestonの「Micro」。マイケル・クライトンというと「アンドロメダ病原体」や「ジュラシック・パーク」といったサイエンスやテクノロジーとスリラーを組み合わせた小説で知られています。’08年に亡くなっていますが、これはその未完の小説の後半部分をリチャード・プレストンが書き足したもの。リチャード・プレストンは、エボラ・ウィルスを題材にした「ホット・ゾーン」など数冊が翻訳されている作家です。本作の内容は、オアフ島を舞台にしたマイクロバイオロジー技術に関するなかなかアクション満載のストーリー。この手の小説は内容をご紹介するのがなかなか難しいのですが、ハワイはオアフ島が中心の話なので、ハワイ好きの僕にはとにかくたまらない内容。たとえば

Chapter 6
Ala Wai, Honolulu
28 October, 8:00A.M.

Akamai Boat Services was right on Ala Moana Boulevard, next to the Ala Wai Boat Basin, at the end of Waikiki Beach. The taxi dropped Peter off at eight in the morning, but the boat yard was already busy at work. It wasn’t a large yard, perhaps ten or twelve hulls out of the water, and it took him no time to locate the Boston Whaler.
He was here because of Alyson’s question the night before: Did the police check the boat?

この文章でも、知っているとやっぱりイメージがぱっと湧いてきますね。具体的にはここ。

そういう意味では、読む本を選ぶときに、自分が行ったことのある場所から始めるというのも良いかも知れませんね。

■オススメの一冊-2

『A Street Cat Named Bob』
(James Bowen)

A Street Cat Named Bob

もう一冊は、本屋でぱっと見て表紙に引きつけられた、James Bowenの「A Street Cat Named Bob」。こちらは一転して猫と人間の友情物語というか、人生がうまく行っていなかった主人公、ジェイムズが野良猫と暮らす中で、新しい人生を歩み始める物語です。kindle版もあり。

There’s a famous quote I read somewhere. It says we are all given second chances every day of our lives. They are there for the taking, it’s just that we don’t usually take them.
I spent a big chunk of my life proving that quote. I was given a lot of opportunities, sometimes on a daily basis. For a long time I failed to take any of them, but then, in the early spring of 2007, that finally began to change. It was then that I befriended Bob. Looking back on it, something tells me it might have been his second chance, too.

読んでいるとペシミストの僕でも人生って悪くないなあと思えてくる話。それにしても猫ってかわいいですよねえ。

ページ: 1 2 3 4 5