第68回 言葉の定義を考える

一行翻訳コンテスト2013.03.16

■オススメの一冊

『Payback: Debt and the Shadow Side of Wealth』
(Margaret Atwood)

Micro

では今月の一冊目。Margaret Atwoodの「Payback: Debt and the Shadow Side of Wealth」から。マーガレット・アトウッドはカナダの作家で、翻訳も何冊か出ていますし、様々な賞も受賞しています。フェミニズムの文脈で語られる作家ですが、今回取り上げるのは文芸ではなく、「負債」とか「債務」といった問題を取り上げています。といっても、ハウツー本でも経済学の本でもなく、その向こうにあるもの、その根源にあるものを探る本です。書き出しをご紹介しましょう。

Canadian nature writer Ernest Thompson Seton had an odd bill presented to him on his twenty-first birthday. It was a record kept by his father of all the expenses connected with young Ernest’s childhood and youth, including the fee charged by the doctor for delivering him. Even more oddly, Ernest is said to have paid it. I used to think that Mr. Seton Senior was a jerk, but now I’m wondering, What if he was – in principle – right? Are we in debt to anyone or anything for the bare fact of our existence? If so, what do we owe, and to whom or to what? And how should we pay?

The motive for this book is curiosity – mine – and my hope is that the writing of it will allow me to explore a subject I know little about, but which for this reason intrigues me. That subject is debt.

日頃偉そうなことを書いていますが、自分が(勉強的な意味ではなく)きちんとものを考えられるようになったのはたぶん40代半ばからだと思います。もともと読書好きだったので(といってもミステリーとかが中心でしたが)、会社員の頃に一時期工場との往復で当時のポストモダン系の思想書を中心にそれなりに読んだことがあとで大きかったように思います。今の政治は日米関係という複雑な方程式を解こうとしているうちにこんがらかってしまい、思考を停止した状態と書いていた人がいましたが秀逸だと思います。たとえば「安全が確認されれば、原発を再稼働する」という場合「安全」という言葉が定義されてない漠然とした言葉に過ぎないわけですね。あるいは「すぐに健康に影響があるわけではない」もそうです。

翻訳学校で教えたり、勉強会で話し合ったりしていると気付くことの一つが、(自戒も込めてですが)多くの言葉をきちんと定義せずになんとなく使っているという事実です。翻訳を志しているような人でもそうですから、一般市民が言葉のマジックに引っかかるのは仕方ないところもあるのでしょうが、良く聞く言葉で「我々庶民は」とか「説明責任」とか意味分かってますか? たぶん戦後(もしかしたらもっと前から)日本人はものを考えなくなっている気がします。

■オススメの一冊-2

『The Expats』
(Chris Pavone)

A Street Cat Named Bob

もう一冊は、Chris Pavoneの「The Expats」。ちょうど翻訳が出たばかり(『ルクセンブルクの迷路』ハヤカワ書房)で(買った時にはまだ出てなかったのにw)、コーネル大学で政治学を学んだ後、編集者を経てデビューしたばかりの新人です。expatsは、expatriatesの略で、国外在住者という意味。ルクセンブルグに移住したケイト・ムーア一家は、夢のような生活を送っていますが、ケイト自身には人に明かせない秘密があります。移住先で知り合ったマクレーン夫妻はどこか挙動不審なところがあり、それが自分の秘密に関わるものなのか、あるいは何か謀略があるのか。ページターナーのスリラーですが、欧州のいろいろな土地が舞台なので、そのあたりも楽しみだったりします。こんな感じ。

They set off from the hotel through the warren of narrow cobblestoned streets of the central district, dipping up and down along the natural contours of the medieval fortress-city. They walked past the monarch’s palace, cafes with outdoor tables, a broad square with a farmers’ market overflowing with produce and flowers.
Through the thin rubber soles of her shoes, Kate felt all the ridges and valleys of the hard stones underfoot. She had once spent a lot of her life walking uneven streets in the rough neighborhoods of unfamiliar cities; she’d once had the footwear for it. She’d even spent time walking these very same cobblestones, more than fifteen years earlier. She recognized the arcade that connected the two main squares, at the southern end of which she’d once paused, wondering if what she was walking into could be a dangerous trap. She’d been trailing that Algerian kid who, as it turned out, was on his way to do nothing more nefarious than buy a crepe.

ページ: 1 2 3 4 5