第99回 簡単な単語の翻訳には要注意

一行翻訳コンテスト2015.11.20

この原稿を書いているときに、ちょうどフランスでテロが起こりました。歴史上の意義としては911に匹敵する重要な事件だと思うのですが、インターネットではあっという間に伝わったにも関わらず、日本のメディア、特にテレビでの報道は圧倒的に後手に回りました。911のときにあれだけ特番が組まれたことを考えると隔世の感があります。自分が若かった頃はニュースセンター9時で磯村さんが出ていて、あの頃は海外のニュースもかなり多かったような気がしますが、最近は海外のニュースそのものが減ってきていると思います。それだけ日本人は内向きになったのかな。自分が学生の頃は、英語を勉強していたこともあってとにかく海外に行きたくてたまらなかったんですが、だいぶ時代も変わったんでしょうね(もっとも、留学生数自体こそ、ここ数年減少傾向のようですが、絶対数自体は僕が留学していた頃の3倍くらいはあるようです[出典:文部科学省])。ようやくテレビのステレオ放送が始まったばかりで、ラジオ講座やテレビ講座を除くと、英語にダイレクトに触れる機会はなかなかなく、ホテルに行って、そのへんの宿泊客をつかまえて会話の練習をするとか、FENを聞くとかやっていました。今はその気になれば英語に限らず、いろいろな外国語に触れたり、外国人と接触することがずっと容易になっていたりするのに、国際化とかグローバリゼーションと声高に言われる割には、せっかくの機会をまだまだ活かせずにいるように思います。SEALD’sのような若い人の間では、いろいろな動きが出てきているように思えるんですが、むしろ30代から50代が内向きで、海外勤務などに対して消極的であるとも聞きますし、今ひとつパワーが足りないような気がします(自分のことを棚に上げてですが)。そのあたりもいまの反知性主義的な雰囲気を作ってる原因の一つじゃないかな。この世代こそ、もっと本を読んだり、海外に出たり、議論したり、遊んだりとアクティブになって欲しいと思います(乱暴な議論ではありますが)。結局英語なんてコミュニケーションの手段だし、翻訳はコミュニケーションを支援する仕事なんで、皆さんも積極的に上を目指してがんばってくださいね。

オススメの一冊 その1

『The Great Divide』 (Joseph E. Stiglitz 著/Norton)

613zdIMY6eL

では今月の1冊目。Joseph E. Stiglitzの『The Great Divide』。そのうちやろうと思っていたらさっさと翻訳が出てしまいました。経済書は翻訳までのスパンが短いです。翻訳書は『世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠』ジョセフ・E・スティグリッツ著、峯村利哉訳/徳間書店)です。1%と99%と言われますが、今世界的にも、国内でも格差が異常に広がっています。その一番の原因はやはり新自由主義であり、既に世界的にはこれを見直す方向に向かっていますが、なぜか日本政府は周回遅れでこれを推進し続け、結果としてさらに分断が拡大していると言えるでしょう。僕はこれをやっていても特に日本企業にとっては良いことはないと思うんですね。日本の場合、内需がやはり大きいわけで、その内需の部分をどんどん破壊しているわけですから。要するに国民が使える金が減っているということです。円安でモノの値段が上がり、さらに雇用の非正規化で可処分所得が減っています。株が上がっているといっても、ドルベースで見ればせいぜいトントン。しかも将来の備えである国民年金などを株(今度はジャンク債にも放り込むといってます)に投資しているわけですから。政権維持のためなら国民の将来などどうでも良いと思ってるとしか思えません(もう手遅れですけど)。それに対してまだ政権を支持している人が少なからずいるわけですから。他はともかく、年金生活者は怒るべきなんですけどね、これについては。このスティグリッツの本は、そんな格差を取り上げた本です。読みやすいので英語で。

No one today can deny that there is a great divide in America, separating the very richest―sometimes described as the 1 percent―and the rest. Their lives are different: they have different worries, different aspirations, and different lifestyles.

Ordinary Americans worry about how they will pay for the college education of their children, about what happens if someone in the family has a serious illness, about how they are to manage their retirement. In the depths of the Great Recession, tens of millions worried whether they would be able to keep their house. Millions weren’t able to do so.

Those in the 1 percent―and even more the upper .1%―debate other issues: what kind of jet airplane to buy, the best way to shelter their income from taxes (What happens if the United States forces the end to bank secrecy in Switzerland―will the Cayman Islands be next? Is Andorra safe?) On the beaches of Southampton they complain about the noise their neighbors make as they helicopter in from New York City. They worry, too, about what would happen if they fell off their perch―there is so far to fall, and on rare occasions it does happen.

オススメの一冊 その2

『Revival』 (Stephen King 著/Scribner)

revival_prop_embed

今月の2冊目はStephen Kingの『Revival』。献辞がメアリー・シェリーとかラヴクラフトとかになっていることからもわかるように、かなりそっちっぽい話です。書評では余分な描写が多いとかありますが、その余分な部分がスティーヴン・キングなんだけどなあと思わないでもない(苦笑)。

In one way, at least, our lives really are like movies. The main cast consists of your family and friends. The supporting cast is made up of neighbors, co-workers, teachers, and daily acquaintances. There are also bit players: the supermarket checkout girl with the pretty smile, the friendly bartender at the local watering hole, the guys you work out with at the gym three days a week. And there are thousands of extras – those people who flow through every life like water through a sieve, seen once and never again. The teenager browsing graphic novels at Barnes & Noble, the one you had to slip past (murmuring ‘Excuse me’) in order to get to the magazines. The woman in the next lane at a stoplight, taking a moment to freshen her lipstick. The mother wiping ice cream off her toddler’s face in a roadside restaurant where you stopped for a quick bite. The vendor who sold you a bag of peanuts at a baseball game.

But sometimes a person who fits none of these categories comes into your life. This is the joker who pops out of the deck at odd intervals over the years, often during a moment of crisis. In the movies this sort of character is known as the fifth business, or the change agent. When he turns up in a film, you know he’s there because the screenwriter put him there. But who is screenwriting our lives? Fate or coincidence? I want to believe it’s the latter. I want that with all my heart and soul. When I think of Charles Jacobs – my fifth business, my change agent, my nemesis – I can’t bear to believe his presence in my life had anything to do with fate. It would mean that all these terrible things – these horrors – were meant to happen. If that is so, then there is no such thing as light, and our belief in it is a foolish illusion. If that is so, we live in darkness like animals in a burrow, or ants deep in their hill.

僕のFifth Businessは誰だったのかなあ。

ページ: 1 2 3 4 5 6