第73回 ベストセラーを原書で味わうのはいかが?

21.
今のところ教師達は状況に好意的で、子供達も巡査を気に入っており毎日ハイタッチを交わしている。親たちも以前に比べ安心している。巡査はNBCニューズに対し移動を決めた理由を次のように語った。「必要とされている時にこの場にいないより、ここにいて必要とされない方がいいのです。」

<コメント>状況といえば状況なんでしょうけど、別の言葉の方がいいかなあ。ニューズは発音としては正しいけどニュースと表記した方がいいですね。「移動」もちょっとピンと来ないかなあ。セリフは良いと思います。
<余談> 積んどくだけで1000冊のオーダーであるからw 本はすぐに在庫切れや絶版になるので、必要なのはとりあえず買います。もっとももう一生読んでも読み切れないくらいあってもやっぱり買っちゃうんだねえ。

22.
今のところ、教師はその施策を高く評価している。児童もこの職員を気に入り、毎日元気よく挨拶している。そして保護者も以前より安全になったと感じている。この職員はNBCニュースの取材に対し、異動の理由を語った。「必要とされながらここにいないより、必要とされなくてもここにいる方がよいからです。」

<コメント>報道的には「挨拶」でも間違いではない気はしますが、high fivesはきちんと訳出したいですね。それ以外はコンパクトにまとまっていますね。

23.
これまでのところ、教師達は大歓迎だし、子ども達もその警官になついて毎日ハイタッチをしていくし、保護者の安心感も増しているという。常駐先を移した理由について、当の警官はNBCニュースにこのように語る。「必要とされているのにここにいないよりも、ここにいて必要とされない方がまだいいと思うからね」

<コメント>「このように語る」は「次のように語っている」かな。あとはおおむね上手くまとまっていると思うんですが「達」が続くのが引っかかるかなあ。教師や教員で十分だと思います。
<余談> 日本は8月は地獄のように暑いですw 気象庁の発表レベルでも40度超えてるところありますし、コンクリートの上では50度くらいありそう。上の例でいえば「達」が続いたりとか、「このように語る」で締めちゃったりという風に、「丁寧さ」が求められるということですね。
原文を活かせば:
これまでのところ、教師は警官の常駐を歓迎しており、子供たちも警官になついて毎日ハイタッチをしており、保護者も安心感を増している。今回の動きについて、この警官はNBCニュースに対し、次のように語っている。
のようにまだまだ改善の余地があるということです。文章として読んだ時にさらっと読み流せないということでしょう。

24.
今のところ先生はこの状況を歓迎しているし、児童たちも警官のことが好きで毎日ハイタッチしているくらいだ。親も以前より安全だという。NBCニュースで警官は小学校に移った理由をこう説明した。「必要な時にここにいないくらいなら、ここにいて必要とされない方を選ぶよ」

<コメント>教員とか教師の方がいいかなあ。児童も「たち」はいらないと思います。「親」はちょっと引っかかるでしょうね。保護者とかの方がいいかな。「NBCニュースで警官は……」はするっと流れないので、「NBCニュースに対し」みたいに処理するのもありかな。
<余談> 自衛に対する考え方の違いでしょうね。あと狩猟民族と農耕民族の違いもあると思うんです。シリアル・キラーって日本はまだまだ少ないんですよねえ。

25.
これまでのところ、教師たちは巡査が学校に常駐することを歓迎しているし、子供たちは大好きなおまわりさんと、毎日ハイタッチで挨拶だ。そして親たちも、より安全だと感じている。彼はNBCニュースに、この行動を起こした理由をこう説明した。「だって、学校にいないで、巡査が必要となる事態が起こるよりも、学校にいて、そして巡査など不要であるほうがいいじゃないか。」

<コメント>うーん、これは一応硬めの内容の本なので「おまわりさん」はちょっと浮いちゃうかなあ。「より安全だ」だと何に対してというのが引っかかるかも知れない。the moveは、以前のcommunity service centerからelementary schoolに移ったことじゃないかな。最後のセリフはちょっと冗漫です。
<余談> それはおめでとうございます。コンスタントに敢闘賞が出るようにがんばってください。

26.
今のところ、そこで勤務している教員は学校が好きだし、そこの児童は役人が好きで毎日ハイタッチをしてくる。その子たちののご両親も小学校が安全な場所だと思っている。ある役人がNBC Newsに転職を決めた理由とともに「学校にいたいし、もっと言えば学校にいる必要がないくらい安全な世界になってほしい。」と語った。

<コメント>教員が気に入っているのは学校に警官を駐在させることですね。himですから、the officer。saferですから以前よりも安全になった、ですね。heですから限定されてます。community service centerから小学校に移ってきたことですね。いざという時にいないよりは、ここにいていざという時がこない方がいいと言ってるんですね。

27.
これまでのところ、教師には大変好評だし、子供たちもその警備員が大好きで、毎日ハイタッチしながら挨拶をしている。保護者たちも前よりも安心だ。なぜ学校に机を移したのかと聞かれて、彼はNBCニュースに次のように答えている。「ここにいて、でも必要とされないほうがいいと思ってね。必要なのにいないよりもね」

<コメント> 警備員よりは警官かな。括弧の中はもう少し整理した方がいいかな。「ここにいて必要とされない方が……」でいいと思います。
<余談> をを、Graham Brown読みましたか。他のもぜひぜひ。

28.
これまでのところ、教師たちはこの警備員の配置を好意的に受け入れている。子どもたちも彼と仲良くなり毎日ハイタッチを交わすほどであり、保護者の安心感も高まっている。彼はNBCニュースに対し、なぜ学校に移ったのかを説明する中で、こう述べている「私はむしろ、ここにいて役目が無い方が、何かがあってから呼ばれるよりも、よいと思っています。」

<コメント>「述べている」のあとに句点があると良かったな-。「役目」はあるんじゃないかな。「役として果たさねばならないつとめ。」役目があってもそれを果たさずに済む方が良いという意味ですよね。
<余談> Welcome back! またよろしくお願いします。

29.
今のところ、学校の先生たちは彼を信頼してるし、子供たちも彼が大好きで会えば必ずハイタッチをしあう。もちろん子供たちの両親もほっと一安心である。NBCニュースで彼は自分の動機について次のようにコメントしている。「僕はここに居たいんだ。必要だとか必要でないとかここに居たくないじゃなく(…)。」

<コメント>love itのitは警官を常駐させることですね。give him high fivesだからハイタッチをしてくるのが子供たちかな。「ほっと一安心」は悪くないですね。最後のセリフのところは、「would rather」ですから、ここにいて必要とされない方が、必要とされた時にここにいない」といったニュアンスですね。
<余談> 細かなところにさらに注意を払うようにしてください。

30.
これまでのところ、巡査の常駐を教師たちは歓迎しているし、巡査は生徒たちの人気者で、子供たちは巡査に毎日ハイタッチの挨拶をしていく。保護者たちも以前より安心できるようになったと感じている。巡査が小学校への常駐を決めた理由をNBCニュースに語って述べたように、「必要なときにいないより、いても必要とされないほうがいい」のだ。

<コメント>前半はいい感じなんですが、「常駐を決めた理由を~語って述べたように」がどうにも冗漫。「語った」だけで十分じゃないかなあ。もったいない。

31.
今のところ、先生は警備員システムを気に入り、子供たちは警備員を気に入って毎日ハイタッチをしているし、親は安心感を抱いている。警備員は、今回行動した理由を、NBCニュースのインタビューの中でこう述べた。「いらないときにいる方が、いてほしいときにいないよりいいからね。」

<コメント> 警備員システムというのは少しわかりにくいかな。「警備員~を気に入り」「警備員を気に入って」が続くのは避けたいですね。「行動した理由」はちょっと違うかな。最後の括弧の中はそれだとぜんぜん良くないような。「いるけど必要とされない」では?
<余談> をを頑張ってください。

32.
今のところ、この取り組みは教師たちに好評だし、子どもたちは警官のことが大好きで毎日彼とハイタッチをしている。保護者たちは安全性が高まったと感じている。警官はNBCニュースで、校内に常駐するようになった理由についてこう言った。「必要なときにいないよりも、必要になる前にここにいたいと思ったからです」。

<コメント>最後のところはちょっとニュアンスが違ってるけど、うまくまとめてあると思います。「教師たち」の方は「たち」なくてもいいと思いますが。
<余談> law enforcementばかりが強化されていく状況は怖い気がしますね。一方で冤罪事件とかどんどん明らかになってしまうし。

33.
今のところ、教師たちには好評だ。生徒たちも警察官を慕っていて、毎日ハイタッチを交わしている。親たちも、以前より安全になったと感じている。なぜ小学校に移ったのか聞かれ、警察官はNBCニュースに対しこう説明した。「必要な時にいないよりは、むしろ必要なくてもいる方がいいと思ったんです」

<コメント>うまくまとめてあると思います。警官の方がいいかな。あとhimやheなので限定されているニュアンスをきちんと出すのが吉。
<余談> はいお久しぶりです。日本はまだテロには到っていないんですが、貧富の差とか言論弾圧とか強権政治とかが続き、特に武器販売とかが始まると、テロとかも決してよその国の話のままで終わるとは思えないんですね。

34.
今のところ、先生達はこれに満足していて、児童も警備員が好きで毎日ハイタッチを交わし、親も安心感を覚えている。NBCニュースに映画の制作理由を説明しながら、彼はこう語る。「必要な時にいないよりは、必要とされていない時にいる方が良い。」

<コメント>「これ」はちょっと何を指しているか分からないよね。「映画の制作理由」とは書いてないですね。he made the movieじゃないので。原文は注意して読んでね。

35.
これまでのところ、教師たちは現状に満足し、子供たちは毎日ハイタッチで挨拶するほど警官のことが大好きで、親たちは安心できるようになった。NBCのニュースで職場を移った理由を問われて、警官は次のように語った。「『必要性があるのにここにいない』より、『ここにいるけど出番は来ない』方がいいからね。」  

<コメント>以前と違って警官を常駐させたので、「現状」と言ってしまうとちょっと違うかな。セリフのところは「必要性」よりはもっとダイレクトでいいかも。
<余談> そういう現象はあるみたいで こういうのを見つけましたが、フレーズによってバグるのかなあ。自分は特に困ったことがないんですが。

36.
今まで、先生たちはこの警官を気に入っているし、子供たちも彼が大好きなので、毎日彼とハイタッチしている。そして親たちはより安全になったと感じている。彼がNBCニュースで話したとき、なぜ移動したのかとの問いに対して、「必要とされているときにここにいない、というよりむしろここにいると必要とされない、ということかな」と説明している。  

<コメント>itですから警官にはならないですね。「彼」が繰り返されると読みにくくなるさらに一工夫。「ここにいると必要とされない」だとネガティヴな意味になってしまいますね。

37.
これまでのところ、先生たちは歓迎しており、子供たちはお巡りさんを大いに気に入った様子で毎日元気に挨拶しているし、保護者たちも頼もしく感じているようだ。NBCニュース番組のインタビューで学校に異動してきた理由を聞かれると、「いざという時にいないよりは、ただいるだけでもいた方がましかと思いましてね」と答えていた。

<コメント>一応、銃規制の本なので、やっぱり「お巡りさん」みたいな言葉は使いたくないかな。誰が答えていたのかははっきり出した方がいいかな。「ただいるだけ」は一つのアプローチとして悪くないと思います。
<余談> こういうちょっとしたコンテストでも力がある人は自然と頭角を現してきますね。お互い頑張りましょう。

38.
今までのところ、小学校の先生方は訓練を受けた武装警官の常駐に好意的であり、子供らはお巡りさんのことが大好きで毎日ハイタッチをし、そして保護者は安心感を高めていた。警官は、NBC ニュースのインタビューの中で、行動を起こした理由を説明し、「自分にとって、必要とされる時にこの場にいないより、ここに常駐していても必要とされない方が、好ましいことだ」と語った。

<コメント>「先生方」が気になるかな。「教員」で十分かも知れません。「好ましいことだ」は実際にはそういわないかな。「良い」とかで十分なような。

39.
これまでのところ、警官を学内に配置するという方法を教師たちは気に入っている。子供たちもこの警官を気に入り、毎日ハイタッチをするくらいであるし、保護者も安心感をおぼえている。彼はNBCニュースに対して、行動に至ったきっかけを説明するにあたり、「この学校にいなかったために自分が必要になるよりも、ここにいて必要な事態に陥らない方がいいですから」と、答えている。  

<コメント> 学内=学校、特に大学の組織や敷地の内部。なので、校内の方がいいかな。括弧の中がちょっと分かりにくいかな。
<余談> コメントしておきました。

ページ: 1 2 3 4 5