第73回 ベストセラーを原書で味わうのはいかが?

1.
今のところ、その武装警備員は教員には評判が良く、生徒たちにも毎日ハイタッチを交わすほど人気があり、また、親たちにも安心感を与えている。職場を変えた理由について、彼はNBCに「必要とされる時にいないのではなく、いるけれども必要がないほうが良いのです。」と語った。

<コメント>「武装警備員」はちょっと浮いているかなあ。「いるけれども必要がないほうが良い」は少しリズムが悪いかな。「いたとしても」かなあ。

2.
今のところ教師は警官の常駐を歓迎しているし、子どもたちは彼になついて毎日ハイタッチを交わし、保護者は前よりも心強く感じている。NBCニュースの取材に答えて、警官は小学校に移ってきた理由を説明した。「私はたとえ必要とされていなくてもここにいたいんだ。必要とされていてもここにいなければ意味がないからね」

<コメント>上手くまとめていると思うんですが、引用の部分はもう2カ所くらい読点を打った方が良かったんじゃないかなあ。
<余談> 「日本語の流れと、原文に忠実であることについて」というご質問ですが、きちんとデッサンができて、写実的な絵が描けて、はじめて抽象画が描けると思うんですね。ですから、まず足さず引かずの訳文が作れてはじめて原文を離れることができるのだと考えます。

3.
これまでのところ、先生達はこの状態を気に入っていた。子供達も警官達が好きで、毎日ハイファイブで挨拶を交わし、保護者は安全だと思っていた。NBCニュースで語ったように、ある警察官は、なぜ学校へ移ったかについてをこのように話した。「ここにいて必要とされない方が、ここにいなくて何か事件が起こって必要になるよりはいいからね。」

<コメント>「気に入っている」かなあ。officerは単数形だから、「警官」。「安全だと思っていた」と過去形で並べると、思っていたが実際には事件が起こってしまったような風に読めます。he = the officerですから、ある警察官ではないです。「いなくて……いいからね」はもう少し交通整理。

4.
これまでのところ、先生たちはこの状態に満足しており、子供たちも警官になついて、彼と毎日ハイタッチをしている。保護者も今までよりも安心だと感じている。彼は、学校に来たことの理由をNBCニュースにこう話す。「私がここにいることで出動の必要がなくなる方が、ここにいないで出動が必要となるよりもいい。」

<コメント>「彼と」はなくてもいいかな。「しており」「している」「感じている」とちょっと語尾や表現が重なっている感じがするのがもったいないような。「来た」は「移った」とかmoveがもう少しはっきり出るようにするといいですね。最後の引用の部分はもう一工夫。「出動」はなくても良かったと思います。

5.
これまでのところ、教師たちは、学校にコミュニティ・サービス・オフィサーがいる状況を大変気に入っている。また、子供たちはオフィサーをとても慕っており、毎日ハイタッチをかわす仲だ。父兄も、この方がより安全だと感じている。オフィサーが、NBC ニュースの取材で、学校で業務を行うようになった経緯を説明しながら語ったように 「必要な時にここにいないより、ここにいて必要とされない方がずっとまし」 といえよう。

<コメント>コミュニティー・サービス・オフィサー(ではないんですが)だと何をしている人か分からないですね。「といえよう」は価値判断になってしまうので、不要ではないかなあ。
<余談> 暑いですね。散歩に出ると、道のそこら中に蝉のむくろが転がっています。

6.
これまでのところ、教師たちもこの制度を歓迎していて、子どもたちは巡査が大好きで毎日ハイタッチで挨拶をかわすし、保護者はより安心感を得ている。この巡査はNBCニュースのインタビューに答えて、学校に異動した理由をこう説明している。「ここにいて必要とされないほうが、必要とされて他所で過ごすよりずっといい」

<コメント>「かわしているし」かな。「ずっと」よりは「過ごすよりもいい」くらいかな。文末だから句点は打った方がいいかも。「たち」は重ねたくないかな。 <余談> 助詞の使い方に注意しないとどうもリズムが悪くなってしまうんですね。

7.
今のところ、教師たちは警官が学校にいてくれるのをとても喜んでおり、子供たちも警官が大好きで、彼と毎日ハイタッチで挨拶を交わし、そして両親たちの安心感は高まっている。警官はNBCニュースに対し、なぜ学校勤務を希望したかについての説明の中で、「学校がいい。警官として命を落とすかもしれない場面で必要とされなくてもかまわない。撃ち合いの現場に行かされ、学校勤務を外されるのはごめんだ」と語った。

<コメント>これだけの文章で「警官」がちょっと繰り返されすぎかなあ。最初の「警官が~いてくれる」はこう書かなくても良いと思います。「彼と」も不要かな。「そして」もいらないでしょう。最後のところは意味を取り違えましたね。
<余談> 前後に注意して意味を掴むようにしましょう。

8.
これまでのところ、教師には好評、子どもはその警官が大好きで毎日彼にハイタッチ、親は安心。NBCニュースの取材に対し、デスクを移した理由を説明したこの警官は「必要とされているのにここにいないよりも、ここにいて必要とされない方がいい」と語った。

<コメント>うーん、一応書籍で雑誌の記事みたいなものではないので、最初の行の体言止めは訳文全体のトーンを維持できないと思います。最後のところは「いい」よりは「よい」の方かな。

9.
先生方には好感を持たれたし、子ども達にも毎日歓迎されたし、親御さん達にも安心感を与えた。その警官が、なぜ異動を決めたかの理由を、「必要とされてここにいないより、むしろ必要とされないでここにいるであろう。」と、NBCニュースに語るまでは。

<コメント>「好感を持たれた」とすると、警官自身が好感を持たれたと解釈されそう。high fivesは訳出したいですね。やっぱり地の文だから親御さんはちょっと違和感があります。「would rather」は「むしろ…したほうがよいと思う」という意味なので、きちんと訳出すること。

10.
これまでのところ、教師たちはこの対応を大いに歓迎し、子どもたちは毎日ハイタッチであいさつするほどお巡りさんを気に入り、保護者の間にも安心感が広まっている。NBCニュースのインタビューを受けた彼は、学校に勤務場所を移したわけをこう語った。「必要なときにいないより、必要じゃなくてもいるほうがいいと思ったんだよ」

<コメント>ああ、これは上手くまとめた感じがします。ただ「おまわりさん」は少し柔らかすぎるかなあ。
<余談> 逆にテレビで見たということは、十分報道されているわけですから、ネットで調べれば上に書いたようなデータが見つかります。そっちを見るとpolice officerと書いてありますから警官ですね。良い作品を見つけてくるというのは才能なので、持ち込みなどがんばってみてください。

11.
今のところ教師は状況が気に入っているし、子供たちは警官が大好きで毎日満点をあげるし、両親も前より安全と感じている。警官がNBCニュースでなぜ職場を変わったのかを説明したとき言ってたように、必要なのにそこにいないより、そこにいて必要とされない方がましだ。

<コメント>「状況が気に入っている」はちょっと漠然としてるかな。high-fiveはハイタッチのことです。両親だと「誰の?」という疑問が浮かびます。「父兄」は今は使用禁止だっけ。保護者とかでもいいかな。「警官が~ように」の部分は少し読みにくいです。最後のところは引用だから、引用として訳してください。

12.
今のところ、先生方は学校に警官が常駐していることを喜んでいる。こどもたちもその警官が大好きで、会えば両手をぶつけ合って挨拶するし、父兄も安心していられる。NBC テレビのインタヴューに答えて、彼は小学校に引っ越してきた理由を次のように説明している。― ここで必要とされるときにどこかよそにいるより、ここにいて(何事も起こらず)必要とされないほうがいいからね。― と。

<コメント> 先生方は教師とか教員でいいんじゃないかな。「両手をぶつけ合って挨拶」はかえってピンとこないんじゃないかなあ。「引っ越してきた」だと本当に引っ越してきたみたいに見えるかな。最後のところは引用だから丸括弧の部分は違和感がありますね。

13.
これまでのところ、教職員たちはこのシステムを気に入っているし、子供たちも警備員が好きで、毎日ハイタッチをかわすほどだ。それに、子供たちの親も安心している。NBCニュースのインタビューに彼は、移転の理由を答え「よそにいるときに必要とされるのではなく、必要とされずにここにいたい」と語った。

<コメント>前半はいい感じですが、saferだから「以前よりも」とか「安心感を増している」とかにしてもいいかな。「移転」がちょっと引っかかります。最後のところはもう一工夫。

14.
今のところは、教師は金がかからないところを気に入っているし、子ども達はその警官に懐いて毎日彼とハイタッチをしているし、保護者は以前よりも学校に安心感を抱いている。NBCニュースで異動の理由を語った際、彼はこう言った。「私は誰かに必要とされてここではない場所に行くよりも、ここで誰にも必要とされないでいる方がいいんです。」

<コメント>「金がかからないところ」と限定はできないんじゃないかな。「学校に警官がいる」ことでしょう。最後のところはそうではなくて、「いざという時にここにいないよりは、ここにいて必要とされない方がよい」みたいな意味ですね。

15.
今のところ、教師たちはこのアイディアを気に入っており、生徒たちも彼に懐いて、毎日とびきり元気のいいあいさつを交わしている。また保護者たちは、学校が以前よりも安全になったと感じている。NBCニュースに出演した際、彼は自らの異動についての説明で「肝心な時に誰もいないより、私が学校に常駐して何も起こらない方がいいんですよ」と語った。

<コメント>high fiveはハイファイブでもハイタッチでもいいんじゃないかな。最後のセリフはちょっと変えすぎかなあ。

16.
これまでのところ、先生達はその方法を好み、子ども達は警官のことが大好きで、毎日ハイタッチを交わし、保護者はより安全になったと感じている。警官はNBCニュースに語って、どうして移動したかについてこう説明している。「ここにいて必要とされない方がいいんですよ。ここにいなくて必要とされるよりね」

<コメント>「好み」「好き」と同じ漢字が続いているのが気になるかな。「警官は~説明している」の部分が読みにくいです。最後のセリフのところは上手く訳せましたね。

17.
今のところ、教師達の受けもよい。生徒達もこの職員が大好きで毎日のようにハイタッチを交わしているし、父兄達もより安全だと感じている。NBCニュースで行動を起こした理由について、彼はこう語っている。「ここにいたいんだ、必要とされていなくても。必要なときにここにいないよりはいいだろう?」

<コメント>最初の部分はいいですね。「職員」じゃなくて警官。「より安全になった」かなあ。「行動を起こした」はちょっと派手すぎ。もうちょっと工夫するといいですね。
<余談> 今回のも裏取りすると良かったですね。翻訳に限らず、常に裏を取ることはとても大切です。自分の思い込みとか相手の情報操作に引っかかりにくくなりますから。がんばってくださいね。

18.
今のところ、教員はこの措置に賛成を示しているし、児童も警備員と仲良くなりハイタッチし合うほどだし、保護者も前より安心できると言っている。 この警備員は、配置換えを敢行した理由についてABCニュースにこう説明した。「警備員って、この場で要る時によそに居る、よりも、この場に居るけど要らない、というほうがいい訳ですよね。」

<コメント>「賛意を示す」の方がいいかな。「配置換えを敢行」はちょっと違和感があります。警備員より警官。最後の括弧の中はもう少し工夫しないと読みにくいです「よりも」と「という」の前の読点は不要。

19.
今の所、先生たちは彼の常駐を気に入っている。子どもたちはこの警察官を気に入って、彼と毎日ハイタッチをしている。そして保護者の安心感は高まった。彼がNBCニュースに語ったように、「私は必要とされている時に、ここにいないよりは、ここにいて、必要とされない方が良いと思うのです。」と行動の理由を説明している。

<コメント>ところはちょっと面倒です。ここでは開きます(下記参照)。「常駐」は間違っているわけではなりませんが、ちょっと違和感あるかな。「彼が~」のところは、「彼は」かなあ。
昭和56年10月1日「事務次官等会議申合せ」というのがあって(現在は更新されたと思いますが)公用文の書き方についての基準ですが、参考になります。
キ 次のような語句を,( )の中に示した例のように用いるときは,原則として,仮名で書く。
<例> こと(許可しないことがある。)
とき(事故のときは連絡する。)
ところ(現在のところ差し支えない。)
もの(正しいものと認める。)
とも(説明するとともに意見を聞く。)
ほか(特別の場合を除くほか)
ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)
わけ(賛成するわけにはいかない。)
とおり(次のとおりである。), etc.
<余談> 憲法に自衛権がうたわれているのが一番も問題なんでしょうね。日本は刀狩りがあったのが実は大きかったりします。

20.
今のところ教師たちは歓迎しているし、子どもたちも毎日ハイタッチを交わすほど慕っている。そして保護者にとっては安心だ。NBCニュースの取材の中で、彼は現職に移った理由を明かした。「俺がここにいて必要とされないのがいいのさ、必要なときに誰もいないよりはね」

<コメント>コンパクトにまとまってはいるんですが、「現職」が引っかかるかなあ。「現在ついている職業。また、現在その職についていること。」なので、ちょっと意味がずれていると思います。あとsaferのニュアンスは出してもよかったかな。

ページ: 1 2 3 4 5