第77回 情報の扱い方を考える

一行翻訳コンテスト2013.12.16

■オススメの一冊

『You Can’t Read This Book』
(Nick Cohen)

Micro

では今月の1冊目。Nick Cohenの「You Can’t Read This Book」から。先月の続きみたいになってしまいますが、今回は政治の本を。言論の自由が危機に瀕しているのは日本だけではありません。アメリカでも愛国者法によって、個人の通信を政府側が監視できるようになりました。日本政府は無関心ですが、同盟国である英国やドイツの首相さえもアメリカが盗聴していたということで問題になっています。インターネットの発展や「アラブの春」などによって、あたかも僕たちはより多くの情報に対するアクセスが得られるようになってきたように思っていますが、むしろ権力による監視は全世界で強まっていると言えるでしょう。この本は、検閲という視点を中心に描かれています。各章のサブタイトルにRules for Censorsとしてそのことが示されています。

1. Demand a respect you don’t deserve
2. A little fear goes a long, long way
3. Go postal!
4. Say that it is bigoted to oppose bigotry
5. People don’t want to know
6. Money makes you a member of a master race
7. Look to the past/think of the future

そのまま今の日本に当てはまりそうで怖いんですが。本文はこういう感じです。

Do you believe in freedom of speech?
Really, are you sure?
You may say you do. It’s the sort of thing that everyone says. Just as everyone says they have a sense of humour, especially when they don’t. You will certainly have had serious men and women assure you that freedom of speech is inevitable whether you believe in it or not. In the late twentieth century states, courts, private companies and public bureaucracies confined information, their argument runs. If it spread beyond those with ‘a need to know’, the authorities of the nation state, whether a dictatorship or a democracy, could imprison or fine the leaker. The threat of punishment was enough to deter newspapers from publishing or television stations from broadcasting.
That manageable world has gone for good. If one person living in a court’s jurisdiction breaks an injunction, a judge can punish him. But how can a judge punish a thousand, ten thousand, a hundred thousand on Twitter or Facebook? If a court in New Delhi, Copenhagen or London bans the publication of embarrassing information, sites outside the jurisdiction of the Indian, Danish or British courts can publish it on the Web, and everyone with access to a computer in India, Denmark or Britain can read it, along with billions of others.

最近、本当に実感しているのは、上に述べたように翻訳を含むあらゆる知的行為は、哲学なり思想なりがないと限界があるということなんですね。「少年老い易く学成り難し」というのはまこと本当です。

■オススメの一冊-2

『Speaking from among the Bones』
(Alan Bradley)

A Street Cat Named Bob

今月の2冊目は、Alan Bradleyの「Speaking from among the Bones」。これはフラヴィア・ド・ルースという化学好きの11歳の素人探偵によるシリーズもので、これが4作目だそうです。(気付かずに買ってしまったw) シリーズはだいたい年1冊のペースで刊行されており、最終的に10冊になるそうです。作者はカナダ人ですが、舞台は英国。基本的に物語はフラヴィアの視点から書かれています。ストーリーは、フラヴィア一家が住む田舎町にある聖タンクレアウスの墓が開かれたところ、そこから教会のオルガン弾きの死体が出てきたことから展開していきます。謎解きばかりでなく、調査の過程でフラヴィアの亡くなった母親に関する情報が出てきたり、一家の持つ土地を手放すかどうかという話もあったりして、読む人を飽きさせません。内容はこんな感じ。

It was one of those glorious days in March when the air was so fresh that you worshipped every whiff of it; that each breath of the intoxicating stuff created such new universes in your lungs and brain you were certain you were about to explode with sheer joy; one of those blustery days of scudding clouds and piddling showers and gum boots and wind-blown brollies that made you know you were truly alive.
Somewhere, off to the east in the woods, a bird was singing: Cuckoo, jug-jug, pu-we-to-witta-woo.
It was the first day of spring, and Mother Nature seemed to know it.

良かったら読んでみてください。

ページ: 1 2 3 4 5