こんな学校です!

通学・通信講座とも、入門からプロレベルまで豊富なラインナップを用意。また、翻訳を学べる学校として日本で唯一の全日制コース(総合翻訳科)も開講。第一線で活躍中の現役翻訳者が指導にあたる。翻訳者ネットワーク「アメリア」を通じて求人情報を提供するなど、受講生・修了生への手厚いサポートも好評だ。

修了生インタビュー

「ベーシック3コース」
修了生
木阪 正雄さん
(きさか・まさお)

20歳のときにサーフィンを始め、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドに長期滞在。帰国後、営業職を経て翻訳学習を始める。2017年7月「ベーシック3コース」修了。同年10月にトライアルに合格し、現在は主にプロレス番組の字幕を手がけている。

サーフィンの映画や動画にサーファー目線で字幕を付けたい
駆け出し映像翻訳者、木阪正雄さんのもう1つの顔は〝サーファー〟。かつては絶好のサーフスポットを求めて海外に飛び、ニュージーランドには1年も滞在した。そんな放浪めいた生活の中で身につけた英語が、翻訳の道に進むきっかけになったという。

結婚を機に国内に根を下ろし、営業職に就いていたときのこと。ふと世界中のサーファーと英語でコミュニケーションをとっていた自分を思い出した。仲間ができたのは、見よう見まねで英語を覚えたおかげ。語学力は決してムダにならない― そう考えた木阪さんは、仕事をやめて1年間、英語の勉強に専念。英検1級を取得したが飽き足らず、もっと深く学ぶために「翻訳」を選んだ。

「翻訳だったら働く場所を選ばないので、海外でサーフィンをしながらでも仕事ができますよね(笑)。『これしかない!』という感じで、いろんなジャンルの翻訳を一気に学べるベーシック3コースを受講しました」

修了後にトライアル合格 仕事がとにかく楽しい
授業は発見の連続だった。日本語の表現力が問われる出版は難しい。簡潔な文章が求められる実務は取り組みやすく、評価も上々。そして映像は、予想外に楽しい。
「字幕は字数制限があるから難しいんですが、だから逆におもしろかった。田中武人先生が『一緒にやっていこう』という姿勢で指導してくださり、モチベーションを引き上げてくれたのも良かったですね」

授業で映像翻訳の仕事が急増していることを知り、また教務スタッフとの面談で「木阪さんは映像向き」と勧められ、映像翻訳を目指すことに。コース修了から3カ月後の2017年10 月、以前に学校で紹介された制作会社のトライアルを受けたところ、合格することができた。

「めちゃくちゃ嬉しかったです(笑)。仕事はプロレス番組の字幕。昨年末からコンスタントに仕事を頂くようになり、学んだことを総動員して訳しています。まだ学ばせてもらっている感覚ですが、とにかく楽しいです」

ベーシック3コースについて、「翻訳にどっぷり浸かって勉強に専念すればするほど、得るものが大きいし、進路も明確になる」と木阪さん。「いずれはサーフィン関係の映画や動画に、サーファーが満足できる字幕を付けたい」と、仕事と趣味が融合する日を待ち望んでいる。

講師インタビュー

ベーシック3コース
「映像字幕」講師
田中武人先生
(たなか・たけと)

塾講師を経て、映像翻訳家に。映画『最終目的地』『おじいさんと草原の小学校』『ホテル・ルワンダ』、海外ドラマ『CS:I 科学捜査班』『Lie to me 嘘の瞬間』など字幕作品多数。単科「字幕」、「田中ゼミ」「田中特別ゼミ」の講師も務める。

キャリアや趣味を生かせる自分にあったジャンルを見つけてほしい
ベーシック3コースの「映像字幕」では、前半はドラマ、後半はドキュメンタリーを教材に、基本ルール、スポッティングなどの基本技術、ツール(SST)の操作法を学びます。台本(スクリプト)の台詞の意味を深く理解するため、英文法や口語特有のイディオム、スラングに注意しながら「正しく解釈し、わかりやすく訳す」ことを重視。意味を正しく取るうえで映像が何よりのヒントになるので、「映像をよく見る」「音声をよく聞く」「表情・動作に注目する」の3点を強調しています。書き言葉を扱う出版や実務とは異なり、話し言葉を訳すので、新鮮でおもしろく感じてもらえると思います。

映像翻訳では、「映像作品が好き」であることが非常に重要です。字幕を書くことは「脚本」を書くことに通じ、ストーリーの進行や伏線に慣れていないと、おもしろいドラマに仕上げられません。また監督や俳優の立場に立ち、「なぜこういう演技をしているのか」を考える必要もあります。そういう意味でも、日頃から映画やドラマに親しんでいるかどうかで、上達の速さは大きく変わってくるでしょう。

映像翻訳は仕事が急増
チャンスが広がっている
DVDや対訳式のシナリオ本を使い、独学で字幕翻訳を学ぶことは可能です。ただし自分の訳とプロの訳を比較することはできても、自分の字幕の「良し悪し」はわからない。その点スクールなら、講師のフィードバックを受けられ、クラスメートのさまざまな訳から学ぶこともできます。また現場の最新事情や実践的なノウハウを知ることができ、励ましあえる仲間にも出会える。そのメリットはとても大きいと思います。

字幕翻訳には、パズルを解くような楽しさがあります。字数制限の中であれこれ考え、いい訳を思いついたときの快感は格別です。最近は仕事がかなり増えており、中級レベル(ベーシック3コース修了程度)でもトライアルに合格する人が出てきました。プロになれるチャンスは間違いなく広がっています。

本コース受講生の年齢幅は上下に広がってきており、今は20代~60代の方が在籍。会社員を引退し、第二の人生を求めて受講される方もいらっしゃいます。翻訳はキャリアや趣味を生かせる仕事。映像を選んでもらえると嬉しいですが(笑)、ぜひ皆さんの興味や適性にあったジャンルを見つけてほしいと思います。