naruhon2017_JVTA_003

こんな学校です!

 多様化する映像翻訳市場の最新ニーズを踏まえ、未経験からでもプロになれる効率的なカリキュラムが特長。字幕・吹き替え(リップシンク・ボイスオーバー)といった手法ごとのスキルはもちろん、翻訳者にとって不可欠なビジネスセンスも備えた、優秀な人材を多数輩出している。2008年にはロサンゼルス校を開校。また2010 年には、東京校に日英映像翻訳科を設置。さらに英日映像翻訳科でも日英翻訳の講義を導入し、日本の作品を世界に紹介するための人材を育成している。

受講生インタビュー

ph002

「英日映像翻訳科 総合コース・Ⅰ」
受講生
戸部美幸さん
(とべ・みゆき)

ニューヨーク州立大学コミュニティカレッジ卒。派遣で住宅メーカーに勤務するかたわら、2015年春より日本映像翻訳アカデミー(JVTA)で映像翻訳を学ぶ。「日英映像翻訳科 実践コース」を修了し、現在は「英日映像翻訳科総合コース・Ⅰ」に在籍。さまざまな映像素材にふれながら、英日映像翻訳の知識やスキルの習得に努めている。

作品解釈力がついたと実感
JVTAで学んで映画の見方が変わりました

戸部美幸さんが映像翻訳を学び始めたきっかけは、米国留学で身につけた英語力のブラッシュアップにある。英会話学校に行くよりも、英語を使って何かを習得したいと考えたのだ。
「もともと映画や海外ドラマのファンで、ストーリーを考察するのが好きでした。映像翻訳なら、英語と翻訳スキルを同時に学ぶことができるので、これはいいかな、と」 
日本映像翻訳アカデミー(JVTA)のオープンスクールに参加し、そこで初めて字幕づくりを体験。自分の字幕が映画のワンシーンの中に映し出されるのを見て、胸が躍ったという。その体験が決め手となり、JVTAへの入学を決心したのだった。 
多彩なコース設定の同校では、まず、「日英映像翻訳科」で日本語の映像コンテンツを英訳する手法を学んだ。
1年かけて「総合コース」「実践コース」を修了し、今春から「英日映像翻訳科 総合コース・Ⅰ」で海外の映像素材の和訳に取り組んでいる。

講師が手がけた作品を通じ
翻訳プロセスを追体験

「英日映像翻訳科 総合コース・Ⅰ」では、さまざまな内容の講義や演習を通して、字幕や吹き替えなどの多様な翻訳手法はもちろん、作品解釈のコツや日本語表現力の磨き方まで楽しみながら学んでいる。毎回の課題は、講師自身が実際に手がけた作品から出されることが多く、翻訳作品が生まれるまでのプロセスを追体験できる。
「先生方は映像翻訳の現場で活躍されている方ばかりなので、経験者の生の声が聞けるところがいいと思います。プロのテクニックや仕事で気をつけるべき点をしっかり教えていただけるし、制作の裏話などを聞くのも楽しみです」 
大学では心理学を専攻し、以前から映画やドラマを深く読み解くことが好きだった。JVTAで学んでから、その映画の見方にも変化があったという。
「台詞や映像の中にあるちょっとした暗示にも、より敏感になりました。映像翻訳には、語学力だけでなく、作品を解釈する力が必須です。小さなヒントも見逃さないように、という気持ちで見られるようになったことが、私の中での一番の変化です」 
日英翻訳にも英日翻訳にも、それぞれ難しさとおもしろさがある。双方に魅力を感じながら、プロをめざして勉強を続けているところだ。

講師インタビュー

ph002

日本映像翻訳アカデミーメディア・トランスレーション・センターチーフディレクター
石井清猛先生
(いしい・きよたけ)

国際基督教大学卒。企業研修会社、イベント・会議運営会社、人材派遣会社勤務を経て、2005年より1年間、日本映像翻訳アカデミー(JVTA)で映像翻訳を学ぶ。2006年にプロの映像翻訳者となり、現在はJVTAの修了生支援部門であるメディア・トランスレーション・センター(MTC)のチーフディレクターとして、主に日本作品を英訳する部門を率いている。

映像翻訳を好きな人が諦めずに勉強を続けたら、
必ず映像翻訳者になれます
新しい動画配信サービスが相次いでスタートし、さまざまなコンテンツが増える中、優秀な映像翻訳者は常に不足しています。そうした状況を踏まえ、JVTAでは、当校で学んでいるすべての受講生にプロとして仕事をしていただくための指導をしています。映像翻訳に興味がある人は、語学が好きで、映画やドラマなどのエンタテインメントが好きな人がほとんど。つまり、映像翻訳者とは、日常の中で自分が得意だったり好きだったりすることがそのまま生かせる職業です。 
当校には修了生支援部門のメディア・トランスレーション・センター(MTC)があり、所定のコースを修了後、トライアルに合格してOJTを経た人に仕事を発注しています。MTCのディレクターがスクール部門の講師も兼ねているので、受講生、修了生の能力や状況を把握しやすく、各々が実力を発揮できるような仕事を発注して順調にキャリアを積んでもらっています。私たちの目標は、スキルが高く経験値もある映像翻訳者を育て、彼らにMTCでもそれ以外の会社でも真のプロとして活躍してもらうことです。

失敗から学び、
成功からも学ぶ

JVTAの授業は、あらかじめ課題に取り組んでいただき、その翻訳原稿にフィードバックする形で行います。授業で特に心がけてほしいのは、いい訳文ができた時、なぜ良かったのか考え、よくない訳文しか書けなかった時、何が悪かったのか考えることです。課題の中で取り上げた、ある特定の文章について、その訳文が良い/悪いとこだわってもあまり意味がありません。大切なのは、良い理由/悪い理由をロジカルに説明できることであり、それが将来につながっていきます。よく「失敗から学ぶ」といいますが、「成功からも学べる」ことを忘れないでください。 
JVTAを貫いているのは、徹底した現場主義です。映像翻訳の最前線で仕事をしている私たちが作り上げたカリキュラムには、こうすれば必ずプロになれるという確かなロジックがあります。もしあなたが、映像翻訳が好きで、映像翻訳を選び、諦めずに勉強を続けたなら、必ず映像翻訳者になれます。安心してJVTAで勉強を始めてください。