2016spring_fellow_001

こんな学校です!

通学・通信講座とも、入門からプロレベルまで豊富なラインアップを用意。また、日本で唯一の全日制コース(総合翻訳科)も開講。第一線で活躍中の現役翻訳者が指導にあたる。翻訳者ネットワーク「アメリア」を通じて求人情報を提供するなど、受講生・修了生への手厚いサポートも好評だ。

修了生インタビュー

「出版翻訳」コース修了生
近江美佐さん
(おうみ・みさ)

大阪女学院短大英語科、米グウィネット・テクニカル・インスティテュート卒。英語講師などを経て、フェロー・アカデミーに約2年通学。兵庫県に転居後、通信マスターコース「フィクション」「児童文芸」などを修了。現在、出版翻訳家として活躍中。最新訳は『沿岸と20万年の人類史』(一灯舎)。

転居で通学から通信講座にスイッチ
何の不自由もなく勉強を続けられました

故郷・兵庫県に暮らしながら、出版翻訳に携わる近江美佐さん。30代の頃に好きな英国人アーティストの日本語訳詞の素晴らしさに感銘を受け、翻訳に興味を持ったそうだ。地方では通学するチャンスはなかったが、40歳のときに旦那さんの転勤で埼玉県に転居。運を感じつつ、「アットホームな雰囲気に安心感を覚えた」というフェロー・アカデミーで翻訳学習を始めることにした。

手始めに「翻訳入門」を受けたところ、表現力の不足を痛感。「出版基礎」を経て、「フィクション」と「出版総合演習」をダブル受講し、幅広い出版ジャンルのそれぞれにあった文体や表現、雰囲気づくりを学んだ。

「『フィクション』ではミステリの短編の全訳や先生が受けた仕事の下訳にも取り組み、全体の流れを把握して訳語を選ぶことや、時間をおいて推敲することの大切さ、体や心の『動き』を訳すコツを教えていただきました。翻訳にいっそう夢中になり、授業が楽しくて仕方なかったです」

故郷でデビューを果たし
今年、文化奨励賞を受賞

ところが通学を始めて約2年後、兵庫へまた戻ることに。近江さんは通信講座に切り替え、最上級のマスターコースを受講してプロの手ほどきを受けた。

「先生方の指導は的確かつ丁寧でわかりやすく、紙でのやり取りに変わっても何の不自由さも不満も感じなかったですね。過剰に表現してしまう私のクセを根気強く指導してくださり、親身にアドバイスしてくださいました」

受講のかたわら、通学時代のクラスメートの紹介で仕事も始めた。雑誌やコミックなどの翻訳を手がけ、2013年には初の書籍翻訳となる『世紀の名作はこうしてつくられた』を上梓。今年3月には2冊目となる歴史書も発売になり、その翻訳活動が評価されて6月、淡路文化協会文化奨励賞を受賞した。

「生まれ育った淡路島で表彰していただいたことを、とてもうれしく思います。頂いた仕事に精いっぱい取り組み、実力を磨いて、いずれは児童書やヤングアダルトも訳してみたいです」

通学講座から通信講座に切り替えても、「学習上のハンデは感じなかった」と近江さん。生活環境に合わせて学びのスタイルを変え、精進を重ねた熱意は、今後もさまざまな実を結ぶに違いない。

講師インタビュー

autumun2015_fellow_002

単科「出版基礎」、マスターコース「ノンフィクション」講師
河野純治先生
(こうの・じゅんじ)

大学卒業後、英語講師を経てフェロー・アカデミーに学び、出版翻訳家に。『イスラエル秘密外交モサドを率いた男の告白』(新潮社)、『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』(柏書房)、『ピュリツァー賞 受賞写真 全記録』(日経ナショナルジオグラフィック社)など訳書多数。

原文をよく読み、よく調べ、適切な文体で訳す
その姿勢を身につけてください
通学講座の「出版基礎」と通信講座のマスターコース「ノンフィクション」の2つを担当しています。前者では出版ジャンルを広く浅く扱って出版翻訳の基礎を学び、後者では選抜試験合格者を対象にルポルタージュに絞った翻訳演習を行います。違いは多々ありますが、同じように皆さんに学んでほしいのは、「原文をよく読み込み、よく調べ、内容や対象読者にふさわしい文体で訳す」という1点です。

翻訳は独学できないこともないですが、自分の欠点に気づきにくい。やはり通学するか通信講座を受けるのが上達の早道だと思います。「他人の目」で客観的に「ここがこういう理由で良くない」と指摘してもらうことは、じつはプロの翻訳家が自分の訳稿を編集者にチェックしてもらうのと同じことなのです。

通学のメリットは、講師から「なぜそう訳したのか」と聞かれるので、よく考え、根拠を持って訳す習慣がつくこと。通信講座にそういう生の緊張感はありませんが、指導や解説が「形」として残るため、いつでも要点を確認できます。どちらが優れているということではなく、自分に合ったほうを選べばいいと思います。

原文読解力と日本語力を
多読で磨くことが大事
翻訳には、外国語で書かれたものを読み解いていく喜び、それを適切な文体の日本語に訳していく面白さがあります。その意味でも、まずは読解力を養うこと。好きなジャンルの本でも読みやすい子供向けの本でもいいので、多読しましょう。辞書ではわからない言葉の感覚がわかるようになります。次に、日本語力を磨く。こちらも多読です。ノンフィクションなら新聞や雑誌など身近にお手本が溢れているので、毎日読む習慣をつければ自然な日本語を書くための土台ができます。

出版翻訳をやりたいのなら、とにかく本を読んでください。出版業界を盛り上げるため、そして出版翻訳の仕事を増やすためにも、ぜひ新品を買って読みましょう(笑)。まだ目指すジャンルが決まっていないなら、無理に「一点突破」にこだわることはありません。フェローには通学講座と通信講座の双方で多様な講座があり、選択肢が豊富。いろいろ試して適性を見極めてからでも、まったく遅くないと思いますね。