ph001

こんな学校です!

治験翻訳の第一線で活躍する講師陣が実践的な指導を行う専門校。医薬や翻訳の知識・経験がない人をプロに育て上げるコースデザインが特色。本講座の修了生は翻訳業界、製薬業界において高く評価されており、フリーの翻訳者のみならず、製薬関連企業に就職・活躍する人も数多い。

講師インタビュー

アルパ・リエゾン株式会社代表
東京医科歯科大学非常勤講師 有馬貫志先生先生(ありま・かんじ) 英国Essex 大学大学院言語学修士。同大学日本語講師、英国Birmingham 大学Japan Centre副主任等を歴任。帰国後は東京医科歯科大学非常勤講師を務める傍ら、翻訳会社の治験翻訳レビュアーとして翻訳者の育成に携わり、2005 年に治験翻訳講座を開講。アルパ・リエゾンの代表として演習講師を務める他、メディカルコミュニケーションの発展に貢献するべく多くの活動を行っている。

東京医科歯科大学非常勤講師
有馬貫志先生
(ありま・かんじ)

英国Essex 大学大学院言語学修士。同大学日本語講師、英国Birmingham 大学Japan Centre副主任等を歴任。帰国後は東京医科歯科大学非常勤講師を務める傍ら、翻訳会社の治験翻訳レビュアーとして翻訳者の育成に携わり、2005 年に治験翻訳講座を開講。アルパ・リエゾンの代表として演習講師を務める他、メディカルコミュニケーションの発展に貢献するべく多くの活動を行っている。

文系出身でも理系出身でも可能性は同じ
ゼロから始めプロになるまでを親身にサポートします

当校は、医薬品の研究開発や薬事申請に関わる文書を扱う「治験翻訳」に特化した専門スクールです。治験総括報告書や治験実施計画書といった実践的なドキュメントを教材に、メディカルライティングの視点も取り入れ、製薬業界が求めるスペシャリストの翻訳者を養成するという点で、他の翻訳講座とは一線を画しています。 

コースには、翻訳の実践的なトレーニングを行う和訳および英訳の「演習」と、専門知識を学ぶための「講義」があります。演習は基礎、実践、上級の3レベルがあり、基礎レベルは医学・薬学や翻訳のバックグラウンドがない方を対象にしています。実践レベル修了が翻訳者として独り立ちできる目安であり、多くの人が基礎から始め1〜2年で実践まで修了して、翻訳の仕事を始めています。 

薬理学や統計学の講義も、治験翻訳に必要なことだけを効率的に学べるように工夫しています。必要なときに必要な講義を受けることができますが、バックグラウンドがない方には、治験の全体像を学べる「治験の基礎知識」を早い段階で受講することをおすすめしています。

実力をつければ
必ず仕事につながる分野

治験翻訳は難易度、専門性が非常に高いというイメージがあるかもしれませんが、他の翻訳分野に比べて特別に難しいということはありません。人間の身体や薬は身近な存在なので、むしろわかりやすいのではないでしょうか。バックグラウンドを問わず、誰にでも成功のチャンスはあります。実際、ゼロからスタートして優秀な翻訳者になっている修了生はたくさんいます。修了生には提携翻訳会社のトライアル受験の機会を設けるなど、就業サポートも積極的に行っています。 

大切なのは医学や薬の世界に興味を持ち、翻訳が好きだと思って勉強し続けることができるかどうか。関心のある人にとっては本当に面白い分野であり、当講座をドロップアウトする人はほとんどいません。実力がつけば必ず仕事につながり、仕事を通して医学の進歩に貢献することができますので、興味がある方はぜひチャレンジしてください。